さりげなく べん☆ぱぱ

力を抜いて!イッチニーイッチニー!

僕とインターネット社会とブログ


証券会社退職20年目・・・20年前は?

今年の3月に証券会社を退職して20年になります。 ちょうど退職の頃にインターネットを使った株式投資の準備をやっていました(僕ではない人でしたが)。 ただ、その時の上層部は頭が硬かった。「いろいろと金をかけろ」という社員を鬱陶しいとして閑職に追いやったりしてました。
今思えば、時代に先んじてたと思うんですけど、その人のその後はどうなったんだろう??


僕とインターネット

インターネットとの付き合いは23年前に遡ります。ちょうどパソコン通信からインターネットに切り替わろうとしている頃。僕は直接インターネットから入っています。今では信じられないぐらい遅い回線速度でインターネットに繋いでました。
ネットスケープコミュニケーションズ(今はもう誰も知らないと思うけど)のCEOの講演を聞きに行ってます。もちろん費用は会社持ち。当時はゆりかもめが開通したばかりのお台場で講演会がありました。
最初に買ったパソコンはFMVのノートPCでHDDは512MB。メモリーなんていくら積んでいたのか覚えてもいません。20万円ぐらいだったので会社からお金を借りて買いました。


会社のパソコン環境

各部署にパソコンは入っていましたけど6人に1台。というより女性職員3人に1台です。ワープロは女性職員の仕事と決められていて、原稿を渡して打ってもらうんですけど、僕は最若手だったので自分で打つしかなく、女子社員が定時で帰ってからが僕の仕事時間でした。ワープロソフトはオアシスで表計算ロータス123。オアシスは「均等開始」とか「均等終了」と打つんですよ。めちゃくちゃ大変だったのを覚えています。
ただし、その頃のパソコンのキーボードって今では考えられないぐらい打ちやすかったのを覚えています。多分、キーボードも高級品だったと思います。
そんな中にWindows95の私物PCを持ち込んだので騒がれました。3000人ぐらい社員がいて、多分僕ひとりだったと思いますけど、そのノートPCは大活躍。 僕、営業企画部に勤めていましたけど、私物のノートPCを持ち込んでOKなんて今では考えられません。
八重洲にパソコンのお店があって覗くと、AppleのノートPCに1GBのHDDが搭載されたのが売られていて多分30万円ぐらいだったと思います。
当時、某私鉄グループに出入りしていたんですけど、その時経理部に入ったときの衝撃を覚えています。全経理部員の机の上に東芝dynabookがおいてありました。カラーじゃありませんよ…画面が赤いんです。 でも、それが最先端だったと思います。


証券会社とインターネット

しばらくして社内ネットワークが繋がりましたが、その時は有線です。 僕専用のパソコンが机の上に来ました。Pentium2が出た頃だと思います。
このPCで何をしても怒られないwというより、何をやっても褒められると言ったほうが正しいです。それまでのロータス123で作った資料は全廃して、Excelで資料を作り直しました。これが良かった。その時点でも時代遅れの管理資料が山ほどあったのです。すごいシンプルな管理資料にしましたが、その代償が…人員削減です。6人で仕事をやっていたのが僕ひとりになってしまいました。徐々にではありましたがそれでも1年で6人から1人です。証券不況だったのもありますけど、実は1人でできる仕事を6人がかりでやっていたんですよ。これが真相。驚くほどの生産性向上を目の当たりにしたのです。これは…ビックリするぐらい褒められました。そうですよね人件費で年間5,000万円以上だったのが700万円(福利厚生費込〉に減ったんですから。当時の証券マンでも平社員の人件費なんてそんなものです。特別高い給料ではありません。
当時は高価だったQUICK10(株式情報提供システム〉も標準装備です。1台あたり月額10万円の情報料を取られますが、世界中のニュースと株価がリアルタイムに画面に現れる。
電話機も僕の前に3台ありましたし、もう映画「ウォール街」のチャーリー・シーンを地で行ってる気がしていました(これも知らない人ばかりだろうな)。
そういえば、導入されてすぐのニュースが地下鉄サリン事件でしたね。刻一刻と情報が入ってきて、正直仕事どころではありませんでした。


僕とブログ

33歳。今から18年前に「ガンバレ!ベンツ君」というブログをはじめました。
最初がgooブログで、その後アメブロに乗り換え、またgooブログに戻ってます。
この「ガンバレ!ベンツ君」の最終回は2011年10月27日。この日はベンツ君の四十九日に当たります。主役のベンツ君(チワワ)が虹の橋に行ってしまったので書くことをやめたんですけど、心が広いというかありがたいというか、投稿記事がちゃんと残ってくれています。インターネット社会って全然冷たくない。人の思い出に寄り添ってくれる社会なんだなと思った次第です。
それ以来、いろいろなブログを書きながら今に至っています。 ちなみに今持ってるブログの中で「物語の結末は意外とハッピーエンド」というのがありますが、これを始めたのが2009年3月ってメッチャな長く続けてるし。
単に文字を起こすことが好きなんでしょうね。

ということでいつもの誰得情報ですけど、キャリアだけは相当長いというお話でした。

では、また次回!